INTERVIEW

自分らしくアレンジを楽しむ、
ワンルームでの落ち着いた暮らし
(後編)

アパレルブランドのアシスタントバイヤーとして働く芹沢さん。練馬エリアにあるワンルームに引っ越し、お部屋作りを楽しんでいます。ファッション以外にも、雑貨やグリーンなどインテリアにもこだわりを持つようになったという芹沢さんの、ものを持ちながら生活しやすく暮らすためのルールをお伺いしました。

インテリアの見せ方は、テイストを合わせること。
販売員時代の経験も活かされている

洋服の見せ収納のほか、雑貨のディスプレイも素敵ですね。自分なりのルールはあるんでしょうか。

雑貨もつい集めてしまうのですが、ごちゃごちゃ見えないように規則性を持たせるようにしています。例えば、ソファの隣に置いているラックはディスプレイコーナーにしていますが、同じ種類でまとめておくことで、雑多な印象にならないように。上段は、ビームスの〈fennica〉で買った藍で色付けされたこけしだったり、クラフト感のある民芸品が中心。下段にはお気に入りのマグや器など焼きものを集めたり、テイストを合わせて飾ることでまとまりが出るかなと思っています。中段には、コーヒータイムの必需品である〈カリタ〉のミルと〈月兎印〉のポットを置いていますが、ここが一番取り出しやすいので定位置にしています。ディスプレイとして飾ることもあるので、生活用品も見た目のいいものを選ぶことが多いですね。

そういったディスプレイの作り方は販売員時代の経験が活かされているんですか?

そうですね、ショップに立っていたときはVMD(※)のお手伝いもさせてもらっていたので、そのとき経験したことを思い出したりしますね。ネイティブっぽい柄のファブリックはアクセントになるので、マグの下に敷いたり、ソファにさり気なくかけていたり、部屋の所々に使っています。棚の横にはかなり大きいスーツケースが2つありますが(笑)、出張や海外旅行のときに活躍しています。旅先で見聞きしたものはすごく刺激になりますね。なるべくいろんなものを見て吸収しようと思っています。今まで行った国の中では、アメリカが好きで、イタリア、あとはロンドンもすごく楽しかったですね。海外のホテルやカフェに漂う空気感は、落ち着いていて好きな雰囲気。その“落ち着き”を自宅にも取り入れられるように、試行錯誤しています。
※ビジュアルマーチャンダイジングの略。お店やブランドの価値を視覚的に伝えるマーケティング活動

自分の直感で買い物することで
お気に入りに囲まれた生活が実現する

よく足を運ぶような好きなショップはありますか?

青山の〈CIBONE〉や木場にある〈CASICA〉、〈fennica〉も好きですね。福岡にある〈LIGHT YEARS〉というお店は、ラフィアやインディゴを使ったアイテムが並んでいたり、グラス類も豊富で自分好みのものが揃っているので、福岡に行ったときには足を運ぶようにしています。あとは、フリマやリサイクルショップ、旅先で買うことも。グリーンの高さだったり、ファブリックの大きさなどサイズ感も大事だったりするので、ネットはあまり使わず実際見て買うのが基本です。

大きな家具に比べて、インテリア雑貨は存在感のあるものが目立ちます。雑貨やグリーンなどの購入の決め手は?

お店で見て「いいな」と思ったら、買っちゃいますね! 直感で選ぶことが多いのかも。窓の近くに飾っているグリーンは、広島に本店のある〈叢〉で買ったもの。ユニークな観葉植物が多くて、一番背の高いサボテンは切った先に花を植えつけしてあるもので、見た目の存在感に惹かれ購入しました。お店の方と話すと手入れの方法も教えてくれるので、そういった会話も楽しいですね。

旅先ではどんなものを購入されるんですか?

マストで買うのが現地のマグネット(笑)。自分でももちろん買いますが、僕がマグネットを集めているのを知っている友人がお土産で買ってきてくれたりもします。冷蔵庫に貼っていますが、並び替えたりバランスを見ながら貼るのも楽しいんです(笑)。壁に貼っているファブリックは、国内旅行に行った際に買ったもの。本当はソファまわりで使おうと思ったのですが、サイズ的に合わず、壁掛け用にシフトしました。ウッドフレームに入っている写真は僕が海外で撮ったものです。サイズ違いのウッドフレームをいくつかまとめて壁掛けにしているのは、海外のホテルやカフェでディスプレイされているものにインスピレーションを受け、飾ってみました。

家で豆を挽いて楽しむコーヒーは至極の味。
穏やかに過ごせる部屋を作りたい

グリーンのお世話やコーヒーを淹れたり、お家での過ごし方も充実されてそうです。

家では映画を観たり、本を読んだり、ときどき料理をしたり。コーヒーは独学なのですが、豆から挽いて淹れています。豆を買うときやコーヒーがおいしいカフェに行ったときにスタッフの方に聞いたりして勉強中です。コーヒーを淹れたら、リビングのソファやテラスのチェアで飲むことが多いですね。気候のいい春や秋はテラスで飲む一杯が最高です!

この家に住み始めてから、以前よりも趣味が広がったので、お店に行ったときに見るものの幅が広がりましたし、人とのコミュニケーションも増えた気がしますね。コーヒーの淹れ方や植物の育て方だったり、専門の方に聞くと楽しくて。植物に興味を持ったら、花器にもこだわりたくなってきたり、お店に行ったときも「これよさそう!」と思う目線が変わってきたりして、自分の中で広がりを感じています。

芹沢さんが自分の暮らす部屋に求めるものはなんですか?

毎日帰ってくる場所だから、居心地よくストレスなく過ごせることが一番大切ですね。毎日遅くまで仕事をして帰ってくる部屋が、ごちゃごちゃしていたら余計疲れてしまうから(笑)。家具の色や素材を揃えたり、照明はオーダーして作ったものなのですが、灯りを少し暗めに設定しているのでのんびりと過ごせます。急に人を招くときがあっても、訪れた人が居心地よく過ごせるような空間が理想ですね。

広々として気持ちのいい空間を工夫しながら部屋作りをしている芹沢さん。生活感の出やすいワンルームも、その自由度の高さをうまく利用してスタイリングしているセンスとテクニックは見事です。ものひとつひとつに愛情を感じる、好きなものを盛り込んだお部屋は、いつまでもい続けたくなるような空間でした。今後どんなアイテムが増えていくのか、これからも楽しみなご自宅です。

※本ページ掲載のお部屋は、SEARCHページでご紹介している物件ではありません。