INTERVIEW

“合うか”よりも“好きか"どうか。帰りたくなるインテリア
【吉留七枝さんのコンパクトライフ 後編】

コンパクトな自宅を常に快適な住まいへとアップデートしていく一方で、自分の“好き”もとことん満喫する、インテリアショップ勤務の吉留さん。仕事では、さまざまなお客様から住まいの相談を受けたり、売り場のディスプレイも手がけたりもしているという彼女は、一体どんなインテリアとともに暮らしているのでしょうか?後編では、自宅作りのルールやお気に入りのディスプレイスペースの話をお聞きしました!

新旧のお気に入りを組み合わせながら、厚みのある空間に

自宅作りのテーマを教えてください。

『好きなものを置くこと』、これにつきますね。インテリアは、家に合うものを選ぶよりも、自分の好きを優先して選んだ方が、暮らしの満足感は上がるし、ものへの愛着も芽生えると思います。我が家のインテリアで最も多いのが、勤め先でもある〈JOURNAL STANDARD FURNITURE〉と〈ACME Furniture〉で購入したもの。ヴィンテージからインスピレーションを得た、新品だけど味わい深いオリジナル家具や、国内外でセレクトしてきたちょっと珍しいアイテムが揃います。

吉留さんの住まいは、古いものと新しいものが上手にミックスされていますね。

ソファやテーブル、サイドボードなど、大型家具はすべてヴィンテージではなく、新しいものを選びました。ヴィンテージの家具は、日本の一般的な住宅だとサイズ感が大きすぎたり、良いものはそれなりに値段も張ったりしますよね。なので、ヴィンテージは椅子など小ぶりな家具やオブジェで随所に取り入れています。

特に気に入っている家具を教えてください。

3年前、〈ACME Furniture〉で購入した3シーターのソファ。デザインと座り心地がとても好みです。搬入経路を見誤って階段では入らず、窓を外して外から吊り上げて搬入したという思い出も(笑)。ラタンフレームの入ったサイドパネルに加え、背面の格子もかっこいいので、次引っ越したときにはソファ全体が見せられる配置で置いてみたいなと思っています。

あと、一生ものになるだろうと迎え入れたラグもお気に入りです。「トライバルラグ」というイランやトルコ、アフガニスタンなどで暮らす少数部族の人たちが手織りしたラグ。花模様やメダリオン、幾何学的なモチーフが特徴的で、黒をベースにした配色は珍しいので気に入っています。

好きなものを集めた、癒しのマイコーナー

自宅の中で、特に気に入っている場所を教えてください。

リビングのサイドボード上の飾りスペースです。サイドボードは、〈ACME Furniture〉で購入。ヴィンテージさながらのダイナミックなデザインながら、日本の住宅に合うようにリサイズされていて、脚や取手部分の華奢さもちょうどよく気に入っています。ここには、好きな花瓶や香り物を置いて、自分だけのスペースを楽しんでいます。仕事帰りで疲れているときでも、ふと視界に入ると癒されますね。

どんなことを意識してレイアウトを考えましたか?

好きなものがかわいく見えるように、気の向くままに飾っています。強いて言えば、木を基調にしつつ、ほっこりはしすぎないように金属や石を取り入れたり、ナチュラルな色味のものが多いですが、素材感でメリハリをつける工夫もしています。ディスプレイのアイディアは、InstagramやPinterestで海外のお家のインテリアなどを見て、暮らしに生かしています。

ついつい集めてしまうものはありますか?

花瓶は好きで集めがちです。ただ、日中は家を空けることも多く、頻繁に花を生ける習慣もないので、我が家には花を生けなくても様になるような花瓶が多いです。特にお気に入りは、サイドボードの左端に飾っている、エジプトのガラス工房で作られた〈YŌKI〉のアートガラス。日本橋店で勤めていたときにポップアップを開いてもらったのもいい思い出です。

住まい作りで大切なのは、“自分がどう暮らしたいかを明確に考えること”。家事をもっと快適にしたい人は、動線のいい家具の配置を考えてみたり、使う道具をアップデートしてみたり。家で癒されたいという人は、好きなものをとことん飾ってみたり、香りものを増やしてみたり。帰りたいと思える家があれば、忙しい毎日も穏やかにごきげんに過ごせるはずです。

前編では、吉留さんが今の住まいを選んだ理由やコンパクト物件を住みこなす上で工夫していること、引っ越して訪れたライフスタイルの変化についてもご紹介しています。前後編合わせて、ぜひご覧ください!

【吉留七枝さんのコンパクトライフ 前編】はこちら

※本ページ掲載のお部屋は、SEARCHページでご紹介している物件ではありません。