INTERVIEW

DIYで収納スペースを確保。好きなものとすっきり暮らすアイディア
【狩野憲二郎さんのコンパクトライフ 後編】

影が心地いいしっとりとした空間に、長年連れ添う古い家具が溶け込む、静謐な空気感が心地いい狩野さん宅。仕事柄、ものが少ないわけではないのに、部屋はほどよくすっきりと整えられています。後編では、コンパクト物件ならではの暮らし方の工夫や、お気に入りのインテリアについてお届けします。

DIYでコンパクト物件でも自分らしく暮らすコツ

コンパクト物件ならではの利点を教えてください。

我が家は風通しがいいこともあって、お香を焚くと玄関までいい香りがします。帰宅すると部屋に「おかえり」と言ってもらえるような、そんな感覚に。<ACME Furniture>で販売しているAPOTHEKE FRAGRANCEや、<薫玉堂>の桐箱シリーズ、美術館のお土産で買ったお香などが最近のお気に入りです。

コンパクト物件で暮らす上でのスペース作りの工夫を教えてください。

リビングでは、コーヒーテーブルではなく、サイドテーブルをソファに合わせています。ベランダまでの導線にストレスがないし、ソファ前に何もないと気持ちよく過ごせます。ラグの上でヨガをすることも多いので、気軽に動かせるのも◎。サイドテーブルは我が家で唯一のデザイナーズ家具で、アメリカの<エイドリアン・ピアソール>のものです。脚は譲り受けたものをピカピカに磨き、天板のガラスだけ業者さんに作ってもらいました。

あとは、引っ越してみたら収納が足りなかったので、寝室の一角にDIYで収納スペースを設けました。ホームセンターでカットしてもらったベニヤ板と有効ボードを組み合わせて無塗装で仕上げ。寝室と作業部屋を隔てる引き戸を収納棚の扉として活用しています。半日ほどで作った簡易なものですが、有効ボードには帽子やバックがかけられて、中には水や工具、本、スーツケース、サーフボードまで収納できる大容量。とても助かっています。

手紙や鍵など、忘れないように保管したい小さなものは壁付け棚へ。穴の目立たない3本ピンで設置しています。棚は新品で購入したものに錆びているような塗装を施して、網の部分を少し破いたり、ハンマーで叩いたりして仕上げました。よくホームセンターに行って、家のものはちょこちょこDIYしています。

素朴でかっこいい。ガシガシ使える家具が好き

家具はどのようなものが好きですか?

主張が強すぎない生活感のある家具が好きです。素朴だけど何気ないかっこよさがあって、映画のワンシーンに出てくるような。デザイナーズ家具ももちろん好きですが、自分が使っても似合わないし、並みの賃貸物件では調和が生まれにくいというか。世の中的に人気な家具を慎重に使うよりも、自分は本当に好きなものをガシガシ使う方が性に合っています。服も汚れちゃいけない服って、あまり持っていなくて。ラフに使える、自然体でいられるものが好きですね。

インテリアのインスピレーションはどんなものから受けることが多いですか?

映画が大好きで、アメリカや香港、台湾などいろんな国の映画を観ます。いいなと思う部屋があったら、写真を撮って自分のインテリアに活かしたりしますね。

家具は普段どんなところで購入しますか?

自分が勤めている<JOURNAL STANDARD FURNITURE>、<ACME Furniture> のものが多いです。やっぱり使ってみないとわからないことがたくさんあります。使ってみた感じを商品部の人にお伝えすることもありますね。

来歴もバラバラな愛しい家具とのエピソード

家具を選ぶ基準を教えてください。

選ぶ基準は“本当に好きか否か”。我が家には名もない古い家具が多く、国も時代もバラバラ。中には拾ってきたこともあったり(笑)。ただ来歴は関係なく、家にある家具はどれも使えば使うほど親しみが増していくものばかりです。

特にお気に入りの家具を3つ教えてください。

15年以上愛用する中東のラグ

リビングに敷いているラグは、旅先で購入した中東のもの。15年くらい連れ添っているのでなかなか新調できません。僕はタイで幼少を過ごしたこともあって、東南アジアが大好き。旅行でもよく行きます。

ACME Furnitureの「LAKEWOOD SOFA」

モチーフとなる80年代のソファをアメリカで先輩と一緒に買い付けた経緯もあり、とても思い入れがあります。コーデュロイの生地感を生かしながら、それに合う形を商品部の人が作ってくれました。寝心地が良すぎて、お酒を飲んだ夜はよくここで朝を迎えています(笑)

ヴィンテージのブックシェルフ

60年代のもので9年ほど前に出会いました。ここには、大好きなブコウスキーや北斎の著書などよく読み返す本たちを収納。棚の上はディプレイとして楽しんでいて、瀬戸物のソルト&ペッパーは特にお気に入りです。戦後、日本人がアメリカのお土産品として作ったもので、50〜60年代のアメリカのソルト&ペッパーはメイドインジャパンのものがほとんどなのだとか。アメリカに訪れる度に、少しずつ集めています。

好きなものをきちんと愛でられるすっきりとした眺め、少し陰りのある静かな明るさ、心安らぐお香の香りなど、自分が落ち着く“感覚”と向き合いながらじっくり住まい作りを楽しむ、狩野さん。自分の感覚に素直になることは、部屋の大小関係なく、誰しもにとって身近にできること。まずは、自分の好きをとことん追求してみることから、のんびり豊かな住まいづくりを始めてはいかがでしょうか?

前編では、この家に引っ越してきた理由や、自宅作りのテーマ、家で過ごす好きな時間についてもご紹介しています。前後編合わせて、ぜひご覧ください!

【狩野憲二郎さんのコンパクトライフ 前編】はこちら

※本ページ掲載のお部屋は、Brilliaの分譲マンションに限らず、ご紹介しております。