INTERVIEW

簡易DIYでゼロから作る、
17畳の快適なワンルーム暮らし(後編)

インダストリアルテイストの無骨でクールな空間に、木の温かみが心地よく映えるイノウエさんのご自宅。趣味のDIYで自分が欲しい家具を作りながら、自由度の高いワンルームでオリジナルの住まいを築き上げています。後編では、ダイニングのこだわりや、リーズナブルな上に簡単にできるDIY家具の作り方、人を招く住まい作りのポイントなどを詳しくご紹介。

DIY家具に囲まれた、
インダストリアルテイストのダイニング

ダイニングではどのような家具を選んでいますか?

家の中でも特に過ごす時間の長いダイニングでは、DIYで作った家具をたくさん置いています。ダイニングテーブルは、〈IKEA〉で購入した天板と、好みの鉄の足を組み合わせて作ったオリジナルテーブル。天板はもともと塗装がされていない無垢な状態でしたが、表面をヴィンテージワックスで磨き上げることで味のある風合いに。イスとベンチは大好きなデザイナー、〈ピート・ヘイン・イーク〉と〈IKEA〉のコラボアイテムです。あと、ダイニングテーブルの後ろに置いている棚も自作。コンクリートブロックに、DIY界では定番のツーバイフォー(2×4)材という木の板をただ載せているだけの簡易施工で、総額3,000円程度で作れます。この棚にはDIY用の工具をしまったり、好きなアート本やオブジェをディスプレイして楽しんでいます。

インダストリアルテイストの空間作りでは、具体的にどのようなことを意識しましたか?

有機物と無機物のバランスを大切にしています。DIYだと加工が楽な木の素材を使いがちですが、部屋の家具をすべて木にしてしまうとほっこりしすぎてしまう。なので、DIYをする際も石や金属などの素材を要所で取り入れるように意識しています。

簡単で、費用もお手頃!
オリジナリティ満載の、イノウエさん流DIY術

部屋には、ご自身でDIYした素敵な家具がたくさんありますね! なかでもお気に入りを教えてください。

つい最近作ったコンクリートアイアンのリビングテーブル。正方形のテーブルを探していたのですが、なかなかイメージに合うものがないので作ってみました。天板は道路でよく見かけるコンクリートの棚板で、水を吸わないように透明のニスでコーティングしています。足は建材などに使うL字鋼をホームセンターでカットして、家で穴を開けてボルトで留めています。天板は足にただ載せているだけ。約60kgの重量があるので動くことはありません。これで、材料費3,500円程度で簡単に作れちゃいます。また、ダイニングにある自作のペンダントライトもお気に入り。通販で購入した真鍮のソケットと白色のコードに、工事現場で使われるような頑丈なワイヤーのシェードを合わせたもの。ワイヤーの先の部分は開いたり閉じたりするので電球の交換も簡単にできます。

DIYで家具を作る利点を教えてください。

DIYであれば、ぴったりのサイズで作れるので無駄なスペースが生まれないし、予算がなくても自分好みの素材を選べます。しっかりとした無垢材の家具が欲しいけど、既製品は高価だし、安価な家具は素材の強度が弱く、見た目もあまり好きではありません。わが家はインダストリアルを意識しているので、DIYでやや粗い仕上がりでも良しとしています。自分で作っているから、簡単に取り外したり直したりできるのも嬉しいポイント。家具は大きい買い物で、飽きても気軽に取り替えることができないイメージですが、自分で作れば違う家具同士のパーツをバラして、また新しい家具も気軽に作ることができるんです。自分で作った家具は愛着が湧くし、何より工作なので楽しいですよ!

普段DIYの作業はどこでしていますか?

自宅ですることがほとんどです。材料の調達は、家から10分くらいのところにある〈コーナン〉が行きつけ。私は車がないので、家具材は台車でせっせと運んでいます。

DIYの知識やアイディアについて、なにか参考にしているものはありますか?

DIYは基本自己流です。大学は美術系で彫刻を専攻していたので、工具や素材の扱いには慣れていることもあり、DIYのハードルは比較的低いのかもしれません。鉄も石も木も、どれくらい磨いたらどれくらいの質感になるかなどは、何度もやって身につけていきました。

しっかり遊べて、しっかりリラックス!
人を招くために工夫していること

休日はどのように過ごしていますか?

アートが好きなので、近所のギャラリーや美術館に出かけたり、最近はあまりできませんが、友人を呼んでホームパーティを開くことも多いです。

人を呼ぶための空間作りとして、工夫をしていることはありますか?

しっかり遊べて、なおかつくつろげる空間にできるように心がけています。リビングもダイニングもベッドルームもオープンな空間なので、広々リラックスしてもらえれば。特に友人に好評なのが、100インチのプロジェクター。みんなで映画を見たり、ゲームをしたりします。スピーカーはAmazonで購入した、〈Echo Studio〉。コンパクトながら音質も申し分なく、立体音響なのでどの位置に座っていてもしっかり音が届きます。あと、大きなソファは横になって寝ることもできるので、急に友人が泊まりたいとなっても安心です。

家は住む人そのもの。こだわればこだわるほど、ライフスタイルは豊かになるもので、“家を作ること”を暮らしの一部として楽しむイノウエさんの生き方は、まさに誰しもが憧れる理想の姿。ハードルが高いと思われがちなDIYも自分流にアレンジして、もっと身近に楽しめるものなのだと気付かせてくれる、素敵なお住まいでした。

※本ページ掲載のお部屋は、SEARCHページでご紹介している物件ではありません。